宮城県栗原市の歯科医院 しらいし歯科クリニック【一般歯科・小児歯科・歯周病・審美歯科・予防歯科・義歯他】
ホーム > 6月4日〜6月10日は「歯と口の健康週間」です!〜舌ケアの重要性〜


 6月4日〜6月10日は「歯と口の健康週間」です!〜舌ケアの重要性〜
投稿:院長

【歯磨きでウイルス感染予防】

ウイルス感染は、歯周病菌の酵素がカギになります。

口腔が不潔になると細菌が増え、ウイルス感染リスクが高まります。

特に歯周病菌の持つ酵素が細胞内へのウイルス侵入を後押しします。

         

【口腔細菌が住みつくのは歯だけではない】

口腔細菌は舌や咽頭などの軟らかい粘膜にも付着し、繁殖します。

表面積割合で比較すると、

歯が25%に対して舌や咽頭などの粘膜は75%です。

    

そのため、歯の表面の歯垢除去だけでは不十分です。

歯磨きに加え、歯間ケア、洗口(マウスウォッシュ)、舌ケアも行い、

口腔全体のケアを意識しください。

 

                   

【細菌は就寝中に増加する】

就寝中は唾液分泌減少のため口腔細菌が増加します。

起床時に歯を磨き、細菌を減らしましょう。

食後の歯磨き+起床時の歯磨き=一日4回 歯磨きが効果的です。

【舌ケアの重要性】

舌表面に存在する「舌苔」は口腔細菌量の大きなウエイトを占め、

誤嚥性肺炎のリスク要因にもなります。

一日一回、朝の舌ケアがお勧めです。

 <舌ブラシの使い方>

1舌ブラシを水で湿らせます。

2舌の奥から前へ優しくなでるように5回ほど動かします。

3舌苔を除去した舌ブラシを流水で洗います。

4もう一度数回なでるように動かします。

5仕上げは、薬用洗口液でゆすぎましょう。


2020年6月4日(木)

<< 新型コロナに負けない「健康のヒント」 R2 5/26
2020.5.26
フレイル >>
2020.6.15



はじめのページに戻る



しらいし歯科クリニック
〒989-5502 宮城県栗原市若柳川南堤通11-5
0228-35-1182