宮城県栗原市の歯科医院 しらいし歯科クリニック【一般歯科・小児歯科・歯周病・審美歯科・予防歯科・義歯他】
ホーム > 歯周病と全身の健康


 歯周病と全身の健康
投稿:院長

<歯周病とは?>

歯周病は、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に出来た細菌の塊が原因で起こる感染症です。

   


病状の進行(以下@〜B)

 @ 歯肉炎   歯肉の腫れ、出血、セルフケア可能

 A 歯周炎   歯を支える骨が溶け、歯ぐきが下がる。歯が動く。口臭。

 B 末期     歯が抜け落ちる。

  @→A→B


<全身への影響>

1 歯垢形成菌や歯周疾患が原因となる疾患

   細菌性肺炎、細菌性心内膜炎

2 歯周病が誘因となる疾患

   糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、早産・低体重児出産

3 歯周病が誘因となる可能性を指摘されている疾患

   肥満、骨粗しょう症、認知症

   


<ウイルスと口腔の関係>

歯周病菌の増加は、新型コロナなど各種ウイルスのリスクを高める。

新型コロナはACE2(アンジオテンシン変換酵素2受容体)に感染しやすいが、

ACE2は口腔粘膜にも多く存在するため、口腔ケアは新型コロナ予防に直結する。

前述した「歯周病とかかわりのある疾患(糖尿病、動脈硬化など)」のような

基礎疾患があると新型コロナ重症化死亡率23高くなる。

    

<歯周病予防とウイルス感染対策>

1 3ステップケア

   (歯磨き、歯間ケア、マウスウォッシュ)

    
2 舌ケア

@ 舌ブラシを水で湿らせます。

A 舌の奥から前へ優しくなでるように5回ほど動かします。

B 舌苔を除去した舌ブラシを流水で洗います。

C もう一度数回なでるように動かします。

D 仕上げは、薬用洗口液でゆすぎましょう。

      

歯周病、歯磨き指導、夏季における歯ブラシ衛生管理など

不明点あればご相談ください。

<最後に>

 夏の暑さと新型コロナに負けない、お口の健康を保ちましょう!

 

  参考:一般財団法人日本口腔保険協会


2020年7月12日(日)

<< 【七夕】  【新番組「私の家政夫ナギサさん」】
2020.7.6
女性のお口の健康 その1 >>
2020.7.26



はじめのページに戻る



しらいし歯科クリニック
〒989-5502 宮城県栗原市若柳川南堤通11-5
0228-35-1182